ブーツキーパーの選び方|優秀なファッションアイテムのブーツは通販で購入するのがおすすめ

ブーツキーパーの選び方

カート

レザーブーツと乗馬ブーツ

レザーブーツの場合のブーツキーパーは、バネ式のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。レザータイプのブーツはくたびれてしまいがちですが、バネ式のしっかりしたブーツキーパーで中から支えてあげることでレザーの質感を保つことができます。その他のブーツに比べしっかりとした素材を使用している乗馬ブーツには、ウッドタイプのブーツキーパーが最適です。ウッドタイプのブーツキーパーは適度に形を整えてくれますが、決して力を加えて張るようなものではありません。なので、無理な力が加わることなく適切な状態をキープすることができます。

ニットブーツとスエードブーツ

ニットブーツの場合、素材を伸ばしてしまわないかどうかが心配になってきます。なので、ニット素材が伸びてしまう可能性のあるバネ式のブーツキーパーは向いていません。ニットブーツにはネジ式のブーツキーパーを使用しましょう。ネジ式のブーツキーパーは、自分で調整ができるのでニットが伸びてしまう心配がありません。同じように柔らかい素材のスエードブーツにもバネ式のものが最適だと言われています。スエードブーツは、ヘタってしまうので高さのあるブーツキーパーが適していると言えます。

ムートンブーツとアンクルブーツの場合

ムートンブーツは高さがなく、素材自体がしっかりとしているので特にブーツキーパーを入れる必要はありません。ただ、ムートンブーツは蒸れやすい素材なので換気を行うという目的でブーツキーパーを使用することが多いようです。同じように高さのないアンクルブーツですが、アンクルブーツにはウッドタイプのブーツキーパーを使用しましょう。適度に形を保ってくれます。いずれの場合もブーツを購入するときに通販などで一緒に購入すると良いでしょう。そうすると、買ったときから形を崩さずに使用できますね。

広告募集中